nathalieandkyoko

We post stories about the the Great 3.11 Disaster that occurred in Northern Japan in 2011.

『私の経験では戦後以来、国民が初めてこんなに政治が間違っていると言うことに同意している』

leave a comment »

コロンビア大学教授、ジェラルドカーチスが日本現実政治問題について、7月20東京日国際記者クラブで言った:『私はいまから40/45年間日本の政治を追っているが、私の経験では戦後以来、国民が初めてこんなに政治が間違っていると言うことに同意している。何かが今に爆発する数膳である』 1960年代半ばからカーチスは日本の政治と懸命だけでなく、政府や外向性左右上の多数の作品の蝶者である。現在は東京とコロンビア大学で時間を割いている。 管総理は、外国から賞賛の多くを取得し、彼は原子力発電のためにされていないための信用に値するはない。『しかし、リーダーは公に伝達する方法を知る必要がある。問題は彼が物事をおこらせることができないことである。』 カーチスが観察した、それはこの巨大な日本の政治的に危機に固定的である影響を受ける地元の政治指導者の出現である:『東北では、宮城県の指示は、彼らその新鮮な空気のそよ風のような戦略を持っている』。東北では、人々は中央政府が決定をとることを待つことができないからである。 カーチスは言った、東京で中央政府はそれらが直ちに行動を起こすのをたすけるために地方自治会に現金を転送すべきだと述べた:『非常にローカルな変更や動きを見て、記者は東京ではなく、地域レヴェルで何がおきているのかを見学に行くことを進める。記者は地元の政治家の報告に耳を固めるべきだ』。

Nathalie & Kyoko

Advertisements

Written by Nathalie Stucky

July 20, 2011 at 17:33

Posted in Humanitarian

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: