nathalieandkyoko

We post stories about the the Great 3.11 Disaster that occurred in Northern Japan in 2011.

Takarazuka 2008 Revue Performance: “Death and Sand” by Flower Group

leave a comment »

死と砂

“死と砂“はまた、歴史的な人物など、歩合がエジプトであるため、歴史の深さを感じることができる。アラビやの雰囲気があって、男たちと女たちのコスチュームも非常にきれいにできている。

この作品もまた、はなやかで、海をとても強く演じている。ダンサーの洋服の色ははでである。それは、海の魚たちを洗わせているそうだ。観客の目に強い相性をあたえるのは、ダンサーの数である。花組は、色のはなやかさを大切にしてるように感じる。そして、舞台の使い方が今までの公園で、一番難しかったように見えた:海によくいるカモメは娘役が演じて、海の波は男役である。カリブ海の小さなお話は、何となく、悪者がいい人と戦うシーンがある。それは、白人たいクレオール黒人との戦いに見える。私のこの授業の最後のレポートは、小林一三の宝塚ツループと、日本の伝統的な演劇と宝塚を一緒に比べてみたいと思う。

小林は日本の歴史の時代で、一番“女“の立場が低かったときに女を舞台の上にのせた。それを深く研究してみたいと思う。株区と宝塚の違いとにている場面も見て見たい。

Nathalie and Kyoko

Advertisements

Written by Nathalie Stucky

July 18, 2011 at 15:32

Posted in Humanitarian

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: